FC2ブログ

天皇誕生日 一般参賀

39rara

昨年末の天皇誕生日。天長節ですね。
会社の友達と参賀に行って参りました。

ものすごく混雑するであろうとは思ったけれど、
今上陛下に参賀でお目にかかれるのがこれを逃すと年明け1/2しかない。
お正月は実家に帰っちゃうから、ここは何としても行かねばと意を決しました。

開門が9時半。
最初のお出ましが10時20分ごろ。

前に行ったときは開門と同時くらいに行って、手荷物検査で大分混んでいたけど、1回目のお出ましに間に合ったような気がするから、
今回はこれまでより混むとしても、開門の1時間前くらいに行けば、11時の2回目のお出ましには間に合うのではないかという読みです。
あんまり早く行ってもトイレが心配だしね。

結果からいうと、考えがチョー甘かった。

8時半に東京駅で待ち合わせて向かったら、既に和田倉門から入れない…
手荷物検査のテントすら見えない大分手前のところで、ひたすら待つこと1時間。

sxDSC_1682.jpg
手荷物検査のテント。
ここで手荷物検査とボディチェックを受けます。

sxDSC_1683.jpg
検査テントを抜けた後も、左手に正門と二重橋を見ながら、ひたすら待つ。
何列にも区切られて順番に誘導されて進んではいるものの、自分の列に順番が回ってくる気配がない。
そうこうしているうちに、1回目のお出ましが終了。

2回目のお出ましまで十分時間があるから慌てずゆっくり進んでくださいと、警視庁のおにーさんが優しい声でアナウンスしてくれるんだけど、お向かいの列と隣の列は動いても自分の列は動かない。
順番が来るまでひたすら待つ。

sxDSC_1685.jpg
んで、2回目のお出ましが始まった頃にやっと順番がきて、正門の前まで来れました。

なんか…
自衛隊見学といい、今回といい、平成30年はこんな風におじさんの頭ばっかり見てた気がするな。

sxDSC_1687.jpg
お堀の向こうに人がびっしり。
でもこれ、日比谷側から入ってきた人たちの待ち行列なので、
左側には大手町側から入ってきた人たちが同じくらいびっしり並んでいるのです。

sxDSC_1688.jpg
2回目のお出ましが終わり、列が動きます。
正門をくぐって、

sxDSC_1689.jpg
二重橋を渡ります。

sxDSC_1690.jpg
左手に見えるのは伏見櫓。

sxDSC_1692.jpg
長和殿前までやっと入れました。
前回より前の方ではあるけれど、角度があるので、見えにくいかも。
でももう身動きとるのはキツイので、ここに位置取り。

ちなみに、手荷物検査を抜けたところの皇居前広場と、長和殿前に簡易トイレが設置されていました。
皇居前広場の方のトイレは個数は多いけれどすごく並んでいて、長和殿前のトイレは個数は少ないけど気づかない人も多いのか、そんなに並んではおらず。
でも、トイレに寄っているとどんどん順番が遅くなってしまうので、利用はせず。

それにしても、人の密集度合いが前回と全く違う
この写真、背伸びして手を伸ばして勘で撮っているのです。
これは、陛下はじめ皇族の方々を肉眼で確認することは難しいかも…

3回目のお出ましは11時40分の予定だったのですが、
人の移動が追い付かなかったのか、このままさらに待つこと40分超…

sxDSC_1693.jpg
3回目のお出まし

sxDSC_1694.jpg
手を伸ばして撮っているだけ。
肉眼では全く見えていません。
遠くにいらっしゃると思うけれど…

sxDSC_1696.jpg
陛下がおことばを述べられます。
1目、2目くらい、僅かに一瞬でしたが、お顔を拝見できました

いつの頃からか分かりませんが、長和殿の左右に大型のモニタが設置されて、
それを見れば陛下はじめ皆様のお顔もアップで見られます。
でも私はモニタ越しで見たくて来ているのではないのでね。
つま先立ちしすぎて足がつりそうになったけど、一瞬だけでも拝見できてよかったです

sxDSC_1697.jpg
雅子皇太子妃殿下の青いベルベットのお召し物がとても素敵だったんだけど…
スマホカメラの限界…
アンド
痛恨のホワイトバランスミス…

sxDSC_1698.jpg
あっという間にお出ましは終了し、長和殿前から退出します。
それにしても人が多い…
出るのにも時間がかかる。

sxDSC_1699.jpg
宮内庁の庁舎。
右側のテントで記帳できます。

sxDSC_1700.jpg
富士見櫓の前を通って、桔梗門に抜けます。

この時の一般参賀の参賀者数は、宮内庁発表によると82,850人ということなので、2013年に参賀した時の倍以上ですね…
で、なおかつ、新年祝賀の一般参賀は154,800人ということなので、さらにこの倍だったわけですね…

今年の5月の御代替わりまであと僅か。
これを機に皆が関心を持って日本の国柄を考えることができたらすごく良いと思います。

前回の記事は…
2013/12/28

■宮内庁 天皇誕生日 一般参賀要領
http://www.kunaicho.go.jp/event/sanga/sanga02.html


Googleマップを開く

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply