FC2ブログ

花山椒

39rara

7月の一休ランチ。

前から気になっていたパークホテルの花山椒。
サマ割りで出ていたので予約しました。

sDSC_8636.jpg
食前酒つきなんだけど、日本酒か、アルコールがだめならウーロン茶と言われ…
結局ウーロン茶しか選択肢がないってことね。
毎回思うけど、損した気分になっちゃうな。
ソフトドリンクなら2杯までサービスとかにしてくれるといいのに。

sDSC_8637.jpg
【先付】 滝川豆乳豆腐 順才 オクラ 振り柚子 旨出汁
豆腐というほど固まっていないゆるふわの豆腐が麺状になっていて、お出汁とジュンサイのつるり感でいただく、夏らしい一品です。
ジュンサイは滅多に自分で買って食べないから貴重だね。

高校の国語の授業を思い出すな。
石川啄木だったか宮沢賢治だったか高村光太郎だったか…
もっと違う作家だったか…

教材に出てきたんだよね。
みんなジュンサイを知らないって言ったら、先生がスーパーから買ってきて見せてくれたの。
秋田が産地なんだよね。
そうそう、教材でも秋田が舞台だった。

こんなページありました。

sDSC_8638.jpg
【お椀】 焼き目鱸と茄子の清汁 白瓜 柚子
お出汁おいしー

sDSC_8639.jpg
【お造り】 鯛洗い きはだ鮪 妻色々
鯛、ザラザラするって思ったら、洗いだった。
お造りはイマイチかなぁ。
素材の味が弱いような気がするのと、キリっとした感じがないのよね。

sDSC_8640.jpg
このスカスカのやつは、蓮芋の茎。
青ずいきっていうのかな。
ま、見た通りの食感で、味はほとんどなし。
赤たでは辛かったです。

sDSC_8641.jpg
【焼物】 自家製鮎一夜干し あしらえ
あ、鮎のほぐし方、イメージトレーニングしてきたのに、開いてある…

sDSC_8642.jpg
骨も頭も食べられます。スナック菓子みたいな感覚。
炭火でカッと焼かれていて、パリパリ香ばしい

sDSC_8643.jpg
【焚合せ】 霧島豚柔煮 冬瓜スープ煮 パプリカ ミニトマト 絹蛸
涼し気な夏らしい器

sDSC_8644.jpg
霧島豚、すごく期待してたけど、こんなにちょびっとだったとは…
もうこの辺から、次に何食べるか考えちゃったね。
お味はいいですよ。
冬瓜スープですっきりと、そしてやさしい。

sDSC_8645.jpg
【酢の物】 白芋茎と焼き鱧の土佐酢掛け
器とのバランスは絶妙だけど、鱧小さいな。

sDSC_8646.jpg
【食事】 鯛と新生姜の焚き込みご飯 赤出汁 香の物
足りない、絶対足りないと思っていたので、ご飯を待ちわびていました。
が…ご飯も少ないな。

sDSC_8647.jpg
鯛の身は僅かですが、新生姜の香りがとてもいい
食欲が落ちる夏にぴったりのご飯です。
お代わりしたかった。

sDSC_8648.jpg
【甘味】 本日の甘味

sDSC_8649.jpg
抹茶羊羹と白あんの羊羹。
これも上品でおいしゅうございます。
あと3口くらい食べたいけどね。

sDSC_8651.jpg
【食後】 紅茶

sDSC_8652.jpg
こっちは友達の珈琲。
ミルクポットとごつごつしたお砂糖がかわいらしい

以上、
料理 4989円と、
ドリンク 2494円で、
7483円のコースが、一休価格で3480円でした。
正規のお値段でこの内容なら絶対来ないな。

汐留のパークホテルの25階。
窓側席ではなかったけど、ほどよく外は見え、薄カーテンで仕切られて落ち着いた席でゆっくりできました。
長居しても追い出されなかったし、ちゃんとお茶もついでくれたし。
足りない足りないってずっと言ってたけど、お茶のおかげで結構お腹が膨らんでいい感じになりました。

でも同じくらいの値段なら、断然、この前行った木挽庵の方が満足感があります。

ま、ここは場所代とサービス料ですね。

■花山椒(はなさんしょう) パークホテル東京
所在地:東京都港区東新橋1-7-1汐留メディアタワー パークホテル東京25F 
電話番号:03-6252-1177
HP:http://parkhoteltokyo.com/hanasanshou/
一休:https://restaurant.ikyu.com/100094/
食べログ:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13015849/


Googleマップを開く

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply