FC2ブログ

三峯神社 奥宮 #3

39rara

三峯神社奥宮。

へいこらへいこら登ってまいりました。
三の鳥居です。

sDSC_7557.jpg
ここは、雲取山への分岐路にもなっています。

この辺まで来ると、体が慣れてきてそんなに辛くなくなってきました。
諸々スロースターターですからね

まだまだ登りますよー☆

sDSC_7558.jpg
山並みが奥まで見える。
さっきより高いところに来たのが分かりますね。

sDSC_7559.jpg
ほどなく四の鳥居。
鳥居はこれが最後かな。

sDSC_7560.jpg
崖っけぷちの道を進みます。

sDSC_7573.jpg
あうー
岩に木を渡して足場を作っているのですが、下は崖。
それはいいんだけど、木がところどころ朽ちているの
踏み抜いて落ちたら嫌だなぁ
右の手すりも外れれば崖に落ちるからね。

まあでも、ここを進むしかないので行きますよー!
できるだけ朽ちていない部分を探して登っていきます。

sDSC_7570.jpg
しばらく進むと、細い道の奥に、また心許ない木の足場が見える…
ここは上った後、急階段を降りて、また急階段を上がるの。
まあ行くしかないね!

sDSC_7567.jpg
そろそろ佳境に入ってきました。
急勾配でかなり段差幅のある階段。
写真は上り切ったところから下を撮ってます。

感覚的には、階段というよりはしご。
でも両脇が手すりなので、恐怖も辛さもさほどではなく。

カーブしながら結構長く続いてました。
すれ違えないので、上や下で声がしたら踊り場(といえるほど広くはない)で待っとかないとね。

sDSC_7566.jpg
そして、じゃじゃーん
噂のクサリ場です
感覚的には壁ですね。
ただ、それほど長い距離を登るわけではないし、上りは手すりだけでも結構行けます。
下りが結構大変で、帰りは鎖と手すりを併用。
でもコツをつかめば大丈夫でした。

sDSC_7564.jpg
着いたー
妙法ヶ岳山頂、三峯神社奥宮です

sDSC_7561.jpg
お犬様がいっぱい。

sDSC_7562.jpg
こっちも。

この反対側に秩父宮殿下御登山記念碑がありましたが、写真撮り忘れ。

sDSC_7563.jpg
周囲の山々はまだ冬景色。
全然新緑が出てないです。

で、感想ですが…

山頂のスペースが狭い。

ハエと小さい蜂がぶんぶん飛んでいる。

ここまで大変だったので、そっちの方に気持ちがいっている。

この日は、暑くて、風がなくて、気持ちよくない。

ということで、あまり感動がなく。

昨年一昨年に本殿にお参りした時みたいに、気を感じるかと思いきや、

あれ?

ほとんど感じない?

なんだろう…期待が大きすぎたのかな…

この時私たちも含めて6人くらい山頂にいたのですが、何分手狭なので居心地が悪くてですね。
早々に降りることにしました。

sDSC_7565.jpg
折角ここまで登ったんだから、本殿で御朱印もらって帰ろうってことになりました☆

大体要領が分かった。
5月初旬の設定で考えると、
・それほどきつい登山道ではない。ただ、体力のない人は覚悟が必要。
・山頂まで、健脚なら1時間足らず、ヘタレは1時間半かかる。
・膝痛持ちにはちとつらい段差がいくつもある。でもゆっくり行けば大丈夫。
・スニーカーでも登れるが、登山靴の方がよい。
 (足場が濡れていたらスニーカーでは間違いなく滑ると思った)
・天気がよければ寒さより暑さの心配。
・クサリ場は素手でも登れるが、滑り止め付の手袋があればなおよい。
・熊鈴はあった方がよい。ラジオかけながらでもOK。
・蜂に要注意。
・トイレがないのはどうしようもない。

ということで、季節を変えてまた行ってみようと思ったのでした。

本殿参拝につづく

前回の記事は…
2017/06/02

三峯神社(みつみねじんじゃ)
所在地:埼玉秩父市三峰298-1
電話番号:TEL 0494-55-0241
HP:http://www.mitsuminejinja.or.jp/

三峯神社 Googleマップを開く

三峯神社奥宮 Googleマップを開く


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply